ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

「中学英語がゼロからよくわかる本」と中学英語のロングセラー「トコトンていねいな英文法レッスン」を書いた ひだかたかのり のブログです

「トコトンていねいな英文法レッスン」の改訂版を紹介していただきました!

こんばんは、ひだかたかのりです。

 

専門家やプロなどから構成されたクリエイターが、おすすめのモノを紹介する「my best」というサイトで、「トコトンていねいな英文法レッスン(ナツメ社)」を紹介していただきました。紹介ページは、>> こちら

 

また、プロの家庭教師をされている方には、「トコトンていねいな英文法レッスン」の「基本文を暗記しよう」の基本文がいいので、大学受験の基礎固めとして暗記することをオススメいただいています。紹介ページは、>> こちら

 

この基本文、東進ハイスクールの安河内哲也先生などからもオススメいただいていたのですが、昨年の12月に出版した改訂版では、さらによいものになるように、より厳選した例文(高校範囲の基本文20をふくむ332の例文)を収録しています。また、今回は、英文だけでなく、「日本文と英文」の両方をCDに録音しているので、寝ながらでも覚えられるようになっています。
※CD1には、少しゆっくりめの英語、CD2には、ネイティブレベルの速さの英語を収録しています。

 

英文法は、読んで理解しただけでは身につきません。頭に定着させるためには、基本文を何度もくり返し聞いて覚えることが必要になります。

※改訂版の基本文は、持ち運びに便利な別冊(取り外しができます)になっているので、電車やバスの中でも覚えてもらえると思います。

 

追記

最強の英語学習法「英語工学」というサイトを運営されている、英語のプロ(翻訳や通訳をされています)の方に、文法とシャドーイングの基礎固めの教材として、「トコトンていねいな英文法レッスン」を紹介していただきました。
サイトは、>> こちら

 

英語のプロの方たちが紹介する中学英語の本や参考書の多くは、本当に英語ができない人たちがやるには、結構ハードルが高いんです。たとえば多くのプロたちが絶賛している、ベストセラーの「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」も、中学3年間で習う英文法+α がわかっていることが前提で書かれていたりします。つまり、この本で勉強する前に中学英文法を攻略しておかなければならないのですが、彼らが紹介する中学英文法の参考書と言えば、「くもん」・「稲田先生の中学3年間の英語中学3年間の英文法」・「エビン」・「ひとつひとつ」くらいです。これらの本で本当にどれくらいの割合の人がわかるようになるのかなぁ?

 

これらの本と比べると、地味な存在なのですが、機会があれば一度、ぼくが書いた「トコトン」も書店で見てみてください。ぼくは、上記の本を書いた人たちの、誰よりも英語に泣かされていた子どもたちの学力アップを果たしてきたという自信がありますし、16年の12月に出した改訂版は、小学生でもわかる内容になるように書き改めました。

 

「トコトン」→「瞬間英作文」

 

という流れが理想です。英語が本当に苦手な人は、ぜひこの流れで試してみてください。

※余談ですが、「トコトン」の旧版は04年、「瞬間英作文」は06年に出版されたもので、ぼくが最初に書いた「中学英語がゼロからよくわかる本(明日香出版社)」は、91年に出版されました。

【スポンサーリンク】