ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

できないのではない、出会えなかっただけです

小学生にもおすすめできる、断トツにわかりやすい英文法の本(参考書)があります!

小学校の英語教科化はいつから始まるの?

2020年度(平成32年)から、小学校では英語が「教科」となり、国語や算数と同じようにテストが行われ、成績がつけられるようになります。それに合わせて、2018年度(平成30年)から、小学3年生と4年生にも英語を実施(先行実施と言います)することが文部科学省から発表されました。この子たちが、英語教科化の1期生となるわけですから、当然と言えば当然ですね。
※先行実施は、小学5年生と6年生でも実施され、5、6年生では「読み」「書き」の指導が始まります。

私はこの英語教科化に合わせて、主婦や社会人など、大人の人を中心に12年以上も読み継がれてきたトコトンていねいな英文法レッスンという、英文法がアルファベットの書き方や発音から学べる参考書を小学生でもサクサクと読めるように2年半かけて改訂しました。
※仮定法や分詞構文、関係副詞などの高校で習うことも書いているので、英検5級~準2級の受験者に喜ばれる内容の参考書です。
※英語教科化が始まると、中学卒業の段階で英検準2級レベルの力をつけることが目標になります(これまでは英検3級レベルでした)。 録音されているアルファベットのサンプル(三角のボタンをクリックしてお聞きください)


この本では、小学生でも内容がよくわかるように、いくつかの工夫をしています。
04年版の段階でも、小学生にも利用されてきました。

子供(小6)の英検3級対策に購入。 3級2回受けて、どちらも8点ほど足りずに不合格。 何処がわからないか聞いた所、文の作り方がわからないとの事。 某英語学習教材を購入したところ、この本を薦めていたので購入しました。 まず、親が読んでみてわかりやすい!と思いました。 で、子供に読ませて見たらやっぱりわかりやすいとの事。 ちょっとした語呂合わせなんかも書いてあっていいです。(アマゾンより)

① カラー化により視覚的にもわかりやすくなるようにしました。
f:id:hidaka-takanori:20171028002220j:plain
※文章中や図解に用いている色は、目に優しいように、パステルカラーを用いて淡い感じにしています。

② できるだけわかりやすいことばや表現を使って書き改めました。
※私は、長年、小学生に国語を教えてきたので、他の参考書と比べてかなり読みやすくなっています。

③ 小学校で習わない漢字や難しい文法用語にはルビを振りました。
f:id:hidaka-takanori:20171028130049j:plain

④ 基本文を「英文だけ」から「日本文と英文」を録音したものに変えました。
※日本文の後に少し間(ポーズ)を空けた後、英文が発音されようになっているので、くり返し聞くだけで、自然に英文が頭に浮かぶようになっていきます。

録音されている日本文+英文のサンプル

※日本文のナレーターは、明るくかわいらしい声の声優さんです。また、英文のナレーターは、子どもたちが将来の目標にしてほしい、日本人のバイリンガルの方です(アメリカの難関大学を卒業し、NHKワールドTVのニュースキャスターもされた方です)。

⑤ 文法をわかりやすく印象に残るように伝えるために、イラストを組み込んだ図解を多く用いています。
f:id:hidaka-takanori:20171028005755j:plain

⑥ イラストをさらに充実させました。
単なる飾り的なものをできるだけ取り除き、セリフに重要表現を使ったり、見るだけで文法が記憶に残るものにしています。 f:id:hidaka-takanori:20171028125157j:plain

この本の04年版は、2人のカリスマ予備校講師が、本当に役に立つ英語本を紹介した竹岡広信・安河内哲也のこの英語本がすごい!という本でオススメの英文法の参考書の1位として紹介されました。また、この本が生まれるきっかけになった「中学英語がゼロからよくわかる本」のWeb版は、進研ゼミ中学講座の教材作成スタッフの目に留まり、教材作成の協力要請を受けて、教材の原稿を書いたこともあります。

■ 別冊の「トコトン」チェック問題の解説は >> こちら
■ この本を使った英文法の教え方は >> こちら
■ 中学生に人気の中間期末テスト対策プリントは >> こちら
※「トコトン」で勉強した単元をやることで力がつけられます

出版以来、13年以上売れ続けている、英文法の参考書「トコトンていねいな英文法レッスン」を使って、お子さんといっしょに英語をやり直してみませんか?中1終了時、国語1・英語2の子どもを、中3の2学期以降、英語5に導いたことがある日高式なら、中学時代に英語が苦手だったお父さんやお母さんでも、英文法を楽しく学ぶことができますよ。

なお、「この機会にもっとレベルアップして、お子さんの英語の勉強のお手伝いをしたい」という方には、私が塾で教えてきた英文法の授業が学べる「中学英語攻略マニュアル」という教材をオススメします。この教材を使って勉強した小学生が、5年生で英検4級、6年生で英検3級に合格し、英語が苦手だった中学3年生が、6カ月後に英検準2級に合格した実績もあります。

ただ今、「中学英語マニュアル」という教材を「特設ページ」からお求めの方には、「カラー図解トコトンていねいな英文法レッスン」をプレゼントしています。
>> こちらで紹介しています

追記 18年の7月8日に、中学1年生の教科書に出てくる基本文(英文)の解説をした本をAmazonで出版しました。小学生でも読める内容にしているので、よかったら参考にしてください。

中1英語の教科書に出てくる基本文がわかる!解説編
※スマホやPC等で読める電子書籍版です。夏休み応援キャンペーン価格(250円)にて提供中です!>> こちら
お子さんにお子さんのスマホで読ませたいという人のために、画像付きでくわしい説明をしています。 >> こちら