ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

できないのではない、出会えなかっただけです

複合関係詞(複合関係代名詞と複合関係副詞)

関係代名詞や関係副詞に ever をつけて「~ならどんなものでも」という意味を表すものを複合関係詞といいます。

複合関係詞は、関係代名詞のwhatのように、先行詞をふくんでいます。

■複合関係代名詞(名詞の働きをする文を作る)

whoever (~する)人はだれでも
(例文)
You may invite whoever you like.(あなたが好きな人はだれでも招待してもよい。)
※ここでのwhoeverは、whomeverにしてもよい

whichever (~する)もの[こと]はどちらでも
(例文)
Take whichever you want.(あなたがほしいものをどちらでも取りなさい。)

whatever(~する)もの[こと]は何でも
(例文)
I remember whatever he said.(私は彼の言ったことは何でも覚えています。)

■複合関係副詞(副詞の働きをする文を作る)

whenever(~する)時ならいつでも・(~する)時はいつも
You may use my bike whenever you like.(好きな時はいつでも私の自転車を使ってもよい。)

wherever(~する)ところならどこでも
(例文)
You may go wherever you want to go.(君が行きたいところならどこでも言ってもよい。)