ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

「中学英語がゼロからよくわかる本」と中学英語のロングセラー「トコトンていねいな英文法レッスン」を書いた ひだかたかのり のブログです

whichを使った文2(which+名詞)

1年生で習ったwhichは、疑問文の前に書きましたが、「whidh+名詞」が「どの名詞が」や「どちらの名詞が」という意味を表し、主語として使われることがあります。「which+名詞」が、主語として使われる場合は、後ろには疑問文は続かず、動詞 ~が続くことになります。

 

(例)
Which bus goes to the station?(どのバスが駅に行きますか。)
※主語になっているWhich busは、Heなどと同じ3人称単数形になるので、動詞goにsがついている(go+s=goes)。

【スポンサーリンク】