ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

できないのではない、出会えていないだけです

be動詞の過去形(was・were)

現在形のbe動詞は、「です」という意味を表しましたが、過去形のbe動詞は、「でした」という意味を表します。

現在形のbe動詞には、am・are・isの3つのものがありましたが、過去形のbe動詞にはwasとwereの2つのものがあります。

wasとwereの使い分けは、主語が1人や1つの場合にはwasを使い、主語が2人や2つ以上の場合にはwereを使います。

<注> Youには「あなたは」という意味以外に「あなたたちは」という意味もあるので、2人以上を表す主語の仲間に入れます。

※amやisの過去形がwasで、areの過去形がwereになると覚えてもOKです。

(例)

I am a student. → I was a student.(私は学生でした。)

He is a student. → He was a student.(彼は学生でした。)

You are students. → You were students.(あなたたちは学生でした。)

 

was・wereがある文の疑問文

現在形のbe動詞と同じように、主語とwas、主語とwereの語順をヒックリ返して作ります。

(例)

Was he a student?(彼は学生でしたか。)

Were you students?(あなたたちは学生でしたか。)

 

YesとNoの答え方は、それぞれ

 

Yes, he was.(はい、学生でした。) No, he was not.(いいえ、学生ではありませんでした。)

Yes, we were.(はい、学生でした。) No, we were not.(いいえ、学生ではありませんでした。)
※was notはwasn't、were notはweren'tとしてもOK

となります。 

 

was・wereがある文の否定文

現在形のbe動詞と同じように、wasかwereの後ろにnotを書いて作ります。

(例)

I was not a student.(私は学生ではありませんでした。)

He was not a student. (彼は学生ではありませんでした。)

You were not students. (あなたたちは学生ではありませんでした。)
※was notはwasn't、were notはweren'tとしてもOK

関連するポイントノートを見る

> 英語 be動詞の過去形(was・were)

> was・wereがある文の疑問文と否定文の作り方

> WasやWereで始まる疑問文に対する答え方

> 過去の内容を表す文の中で使われる5つの語句