ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

「中学英語がゼロからよくわかる本」と中学英語のロングセラー「トコトンていねいな英文法レッスン」を書いた ひだかたかのり のブログです

as 形容詞 as ~・as 副詞 as ~

2人の人や2つのものを比べて「同じくらい」と言いたいときには、「as 形容詞 as ~」や「as 副詞 as ~」といいます。

 

(例)

She is as beautiful as her mother.(彼女は彼女の母と同じくらい美しい。)
She speaks as slowly as her mother.(彼女は彼女の母と同じくらいゆっくり話します。)

as 形容詞 as ~・as 副詞 as ~の否定文

「not as 形容詞 as ~」や「not as 副詞 as ~」は、「~ほど…でない」という意味になります。


(例)
She is not as beautiful as her mother.(彼女は彼女のお母さんほど美しくない。)
She doesn't speak as slowly as her mother.(彼女は彼女のお母さんほどゆっくり話しません。)

【スポンサーリンク】