ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

できないのではない、出会えなかっただけです

be動詞を使うときと使わないときがわかりますか?

こんにちは、ひだかたかのり です。

「中学英語がゼロからよくわかる本」の第1章[=攻略1]で、動詞の書かれる場所がわかったあなたが、次に攻略するのは、be動詞の現在形です。

「です」と訳されることが多い動詞ですが、(1) どんな時に使うのかを知っている人は少ないものです。たとえば、

ゆいはとてもかわいい。

を英文にする時、あなたはすぐに答えが言えますか?

それから、be動詞の現在形を学ぶ段階で、(2) am・are・is の3つのbe動詞をどうやって使い分けるのかが、わかっていないと、1年生の後半で習う現在進行形、2年生の後半で習う受動態の書きかえ問題もできません。なぜ? どちらも、be動詞を使うからです。進行形と言えばing。受動態と言えば「~される?」ということを覚えている人は多いのですが、動詞の部分にbe動詞を使うことを覚えていなかったり、be動詞を使うことは覚えていても、その使い分けを間違えると、テストでは×をつけられてしまいます。

さらに、be動詞の現在形を学ぶ段階で、(3) 疑問文と否定文の作り方を公式として覚えておきましょう。この段階で、中学3年間で習う疑問文と否定文の作り方を覚えてしまうのです。

他にも、ぼくはこの章で、複数形3人称単数形についても、少し説明をしています。つまり、これらの知識がないと、be動詞の現在形は攻略できないのです。


「中学英語がゼロからよくわかる本」の第2章[攻略2]「be動詞を征服せよ!①」は、無料で公開してます。

第2章を >> 読んでみる