ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

できないのではない、出会えていないだけです

否定文の作り方

1年生の場合、否定文を作らせる問題に出てくる文には、am, are, is, canがあるものとないものとに分かれます。

 

■am, are, is, canがある文では、am, are, is, canの後ろにnotを書いて否定文を作ります。

 

I am ~. → I am not ~.

You are ~. → You are not ~.

This is ~. → This is not ~.

You can ~. → You can not ~.

※are, is, canとnotは、合体させて1つの単語として使われることもあります
are not → aren't, is not → isn't, can not → can't(つづりに注意!!)

 

HORIZON 3-2, 3-3  6-2, 6-3  11-3 
CROWN 3-2  6-2, 6-3  9-2
Sunshine 3-②  6-②, 6-③  10-②  11-①

am, are, is, canがない文では、主語の後ろに隠れているdoの後ろにnotを書いて否定文を作ります。

この時、動詞が動詞sとなっている時には、doは動詞のsを取ってdoesに、また、動詞が
動詞edや過去形という形になっている時には、doはedや過去という服を取ってdidになります。


I(do)play ~. → I do not play ~.

You(do)play ~. → You do not play ~.

He(do)plays ~. → He does not play ~.
(注) 動詞sとなっているので、doはplaysからsを取り、doesになって否定文を作る

 

He(do)played ~. → He did not play ~.
(注) 動詞edとなっているので、doはplayedからedを取り、didになって否定文を作る

※do, does, didとnotは、合体させて1つの単語として使われることもあります
do not → don't, does not → doesn't, did not → didn't

 

doesを使う場合、playsをplayに、また、didを使う場合、playedをplayに変えることが重要です。しっかりと覚えておきましょう!