ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

「中学英語がゼロからよくわかる本」と中学英語のロングセラー「トコトンていねいな英文法レッスン」を書いた ひだかたかのり のブログです

受け身(受動態)

「○○~されます」という内容を表す文を作りたいときには、動詞の部分を「be動詞+過去分詞」にします。このときに使われる過去分詞の多くは、過去形と同じ形になります。
※過去形と異なるものが出てきたら、1つずつ覚えていきましょう。

 

(例)
This computer is used by Ken.(このコンピュータはケンに使われます。)
※動作をしている人は、「by ~(~に・~によって)」という形で書きます。


This letter was written by Mayu.(この手紙はマユに書かれました。)
※「~されました」という過去の内容を表したい場合は、be動詞を過去形(was・were)にします。writtenは、write(書く)の過去分詞

 

受け身の文の疑問文
主語とbe動詞の語順をヒックリ返して作ります。


(例)
Is this computer used by Ken?(このコンピュータはケンに使われますか。)

 

YesとNoの答え方

上の疑問文に対する答えの文は、

 

Yes, it is.(はい、使われます。) No, it is not.(いいえ、使われません。)

 

となります。

 

受け身の文の否定文
be動詞の後ろにnotを書いて作ります。


(例)
This computer is not used by Ken.(このコンピュータはケンに使われません。)

 

覚えておこう!

be made of ~「~で作られている」

be made from ~「~から作られている」

be interested in ~「~に興味がある」

【スポンサーリンク】