ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

「中学英語がゼロからよくわかる本」と中学英語のロングセラー「トコトンていねいな英文法レッスン」を書いた ひだかたかのり のブログです

英語の第4文型

動詞の中には、「人にものを~する」という形で使われるものがあります。

 

たとえば、show(見せる)という動詞は、「人にものを見せる」と使われますし、give(あたえる)という動詞は、「人にものをあたえる」と使われます。この場合、英語では「show 人 もの」や「give 人 もの」という語順になります。

 

(例)

I showed her my notebook.(私は彼女にノートを見せました。) 

                 人   もの

He gave me a watch.(彼は私に時計をくれました。)

                人  もの

 

他にも、buy(買う)やteach(教える)も、同じように使われることがあるので、覚えておきましょう。

【スポンサーリンク】