ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

「中学英語がゼロからよくわかる本」と中学英語のロングセラー「トコトンていねいな英文法レッスン」を書いた ひだかたかのり のブログです

現在進行形

「○○は~しています。」という内容を表す文を現在進行形の文といいます。現在
進行形の文では、動詞の部分は「am[are・is] -ing」となり、「~しています」という
意味を表します。

 

(例)
I play tennis.(私はテニスをします。)
I am playing tennsi.(私はテニスをしています。)

 

一般動詞の前にbe動詞のamかareかisを加え、一般動詞が「一般動詞ing」という形に
変わるので、学校や塾では動詞の部分の形を「be動詞+ing」と教えられます。動詞にingをつけることだけに心をうばわれ、新たにbe動詞を加えることを忘れる人がとても多いので、注意しましょう。

 

なお、現在進行形の文では、動詞の部分にbe動詞のamかareかisが加わるので、
疑問文は、主語とareか isの語順をヒックリ返して

 

Are 主語 -ing ~? か Is 主語 -ing ~?

 

となります。

 

(例)

Are you playing tennis?(あなたはテニスをしていますか。)

Is he playing tennis?(彼はテニスをしていますか。)

 

YesとNoの答え方は、それぞれ

 

Yes, I am.(はい、しています。) No, I am not.(いいえ、していません。)

Yes, he is.(はい、しています。) No, he is not.(いいえ、していません。)

 

となります。

 

また、否定文は、amかareかisの後ろにnotを書いて

 

主語 am not -ing ~.か主語 are not -ing ~.か主語 is not -ing ~.

 

となります。

 

(例)

I am not playing tennis.(私はテニスをしていません。)

You are not playing tennis.(あなたはテニスをしていません。)

He is not playing tennis.(彼はテニスをしていません。)

 

 

ここまで覚えておこう!

現在進行形を習うと、「○○は何を~していますか」という疑問文も教えられます。
この場合、「何を」という意味を表すwhatを1番前に書いて、「○○は~していますか」という疑問文を続けることになります。

 

(例)
What are you doing now?(あなたは今、何をしていますか。)
※この疑問文では、文の最後に「今」という意味を表すnowを書くことが多い

【スポンサーリンク】