ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

「中学英語がゼロからよくわかる本」と中学英語のロングセラー「トコトンていねいな英文法レッスン」を書いた ひだかたかのり のブログです

否定の命令文

「~してはいけません」という内容を表す文を否定命令文といいます。
※否定の命令文や「禁止の命令文」と言われることもあります。

 

英語の否定命令文は、主語を省略し、動詞の前にDon'tを書いて

 

Don't 動詞 ~.

 

という形で表します。

 

(例)
Don't swim here.(ここでは泳いではいけません。)

 

なお、be動詞の命令文と否定命令文は、それぞれ次のようになります。

 

Be kind to old people.(お年寄りには親切にしなさい。)

Don't be noisy.(さわがしくしてはいけません。)


※be動詞の命令文を作らせる問題であたえられる文は、You are ~. となっています。areという動詞は、主語がなくなるとbeにもどるので、Are ~. やDon't are ~. としないように、注意しましょう。

【スポンサーリンク】