ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

「中学英語がゼロからよくわかる本」と中学英語のロングセラー「トコトンていねいな英文法レッスン」を書いた ひだかたかのり のブログです

一般動詞の過去形

「○○は~しました」などの過去の内容を表す文では、過去形の動詞を使います。過去形の動詞は「ed」をつけて作ります。

 

たとえば、playをplayedにすると、過去の内容を表す文を作ることができます。

 

(例)
I play tennis.(私はテニスをします。)
I played tennis.(私はテニスをしました。)

 

過去形の動詞を使った文の疑問文は、主語と主語の後ろに隠れているdidの語順をヒックリ返して

 

Did 主語 動詞 ~?

 

となります。
※didを使って疑問文を作るとき、「動詞ed」は、edを取って「動詞」だけになります。

 

(例)
Did you play tennis?(あなたはテニスをしましたか。)


また、YesとNoの答え方は

 

Yes, I did.(はい、しました。) No, I did not.(いいえ、しませんでした。)

 

となります。

また、否定文は、主語の後ろに隠れているdidの後ろにnotを書いて

 

主語 did not 動詞 ~.

 

となります。この時、「動詞ed」は、疑問文と同じようにedを取って「動詞」だけになります。

 

(例)
I did not play tennis.(私はテニスをしませんでした。)

 

不規則な変化をする動詞

動詞の中には、edをつけず、不規則な変化をする「不規則動詞」と呼ばれるものがあります。


(例)
I came here by bus.(私はバスでここにきました。)
※comeという動詞が、comedではなく、cameになっています。

 

なお、不規則動詞が使われた文の場合も、疑問文や否定文を作るときにはdidを使いますが、その時、動詞の形を過去形に変化させる前の形にもどさなければなりません。


(例)
Did you come here by bus?(あなたはバスでここに来ましたか。)
You did not come here by bus.(あなたはバスでここに来ませんでした。)
※疑問文も否定文も、過去形のcameがcomeにもどっています。

 

なお、不規則動詞の変化表については

>> 不規則動詞変化表1
>> 不規則動詞変化表2

を参考にして覚えてください。

【スポンサーリンク】