ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

「中学英語がゼロからよくわかる本」と中学英語のロングセラー「トコトンていねいな英文法レッスン」を書いた ひだかたかのり のブログです

一般動詞

be動詞(am, are, is)以外の動詞を一般(いっぱん)動詞と言います。一般動詞は、「~します」と訳されることが多いのですが、次のものは「~します」と訳されないので、覚えておきましょう。

 

like = 好きです

want = ほしい(「ほしいです」と訳されることもあります)

 

一般動詞も、be動詞と同じように主語のすぐ後ろに書かれるので、「私はケンが好きです。」という文では、主語の I のすぐ後ろにlikeを書いて I like Ken.(「私は 好きです ケンが」という語順)となります。また、一般動詞は、「~を」ということばのすぐ前に書かれることが多いということも覚えておくと、役立ちますよ。

※likeやwantは、「~が」ということばのすぐ前に書かれることが多い

 

(例) 私はテニスをします。→ I play tennis.(「私は します テニスを」という語順)

 

私は毎日テニスをします。→ I play tennis every day.(「私は します テニスを 毎日」という語順)

※一般動詞は、「~は」と訳される主語のすぐ後ろ、「~を」と訳されることばのすぐ前に書かれることが多いので、「毎日」ということばは最後に書くことになります

 

 

日高が16年の12月に出版した「トコトンていねいな英文法レッスン」の改訂版では、be動詞や一般動詞を使った英文の語順について、記号を使ってわかりやすく説明しています。書店で見るだけでも、印象に残ると思いますよ。ちなみに、中学1年生では、中学で習う5つの英文のパターンの内の3つのパターンが出てきます。

※04年に出版した旧版では、記号を使った説明はしていません。

【スポンサーリンク】