ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

「中学英語がゼロからよくわかる本」と中学英語のロングセラー「トコトンていねいな英文法レッスン」を書いた ひだかたかのり のブログです

オール3の子ども

こんばんは、ひだかたかのりです。

 

1つだけでもできる科目があれば、子どもはすっごく輝くようになるものです!

 

しかも、それが数学か英語ならなおさらです(子どもたちは、数学か英語ができる子を頭がいい子だとみなします)。ですが、数学で4以上の成績を取らせ続けることはすごく難しいのです。計算分野では点を取らせることができても、関数分野や図形分野になると、少し厳しくなります。文章問題も理解させるのがしんどいですね(>_<)

 

国語、社会、理科も同じです。国語は、普段から文章を読む習慣のない子に、内容を理解させる難しさがありますし、国文法や古文も出てきます。社会には、地理、歴史、公民があり、3つとも得意にさせるのは、なかなか難しい問題です。また、理科にいたっては、生物、化学、地学、物理の4つの分野ができるように教えければならないのですから、さらに難しくなります。

 

結局、英語が1番できるようになる可能性が大きい科目なんです。でも、オール3の子どもが理解できるように、英文法をわかりやすく教えられるような人はそう多くはいません。そこで、お父さんかお母さんたちに、お子さんたちの家庭教師になって教えてほしい、と思ってぼくが作ったのが「中学英語攻略マニュアル」という教材です。

 

もちろん、オール4レベル以上で英語だけが苦手というような人には、お父さんやお母さん先生は不要です。この「マニュアル」は、自分だけで勉強ができるように作っているので、ぜひやってみてください。君が通っている塾の先生に負けないような、とてもわかりやすい教え方なので、きっと英語好きになれると思いますよ。

 

ちなみに、「トコトンていねいな英文法レッスン」は、1冊の本の中で、中学1年生~高校2年生ぐらいにかけて習う重要ポイントだけを書いたものなので、これだけを使ってオール3レベルの子どもに4レベルの力をつけさせるのは厳しいと思います。

【スポンサーリンク】