ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

「中学英語がゼロからよくわかる本」と中学英語のロングセラー「トコトンていねいな英文法レッスン」を書いた ひだかたかのり のブログです

おすすめの中学英語の参考書(大人編)

こんばんは、ひだかたかのりです。

 

「おすすめの中学英語の参考書」 今日は、大人編です。

 

大人の方の場合は、中学時代の5教科の成績が悪かったかどうかはあまり問題ではありません。


この記事を読まれている段階で、すでに中学英語を攻略するのに十分な読解力(参考書を読んで理解する力)を備えられていると思いますので、後はどの参考書がご自分に合っているかを見極めてから選んでください。

 

中学生編と同じように、長年読まれ続けているものをご紹介します。

 

(1) Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル(10年以上)

※通称「青エビ」(青いカバーのもの)

 

(2) くもんの中学英文法(21年以上)

※勉強ができた人たちがすすめる参考書

 

(3) 中学3年間の英語を10時間で復習する本(7年以上)

※塾で先生と生徒がやり取りをしている感じで書かれているので、苦手な人には同じ著者が書いた「中学3年間の英文法を10時間で復習する本(約7年)」があります。

 

(4) 中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。(6年以上)

※学年ごとに書かれた「中1英語を…」「中2英語を…」「中3英語を…」というものもあります。


(5) 英文法のトリセツ(12年以上)
シリーズ全4冊

 

(6) 基本にカエル英語の本(10年以上)

※全3冊

 

(7) トコトンていねいな英文法レッスン(12年以上) 

※16年の12月に新版を出版した日高の本です。Amazonのレビュー等を参考に、読者の方が不満に思われていたことを解消し、新たな章を加えるなどして増補改訂しました。04年に出版したものは、英語教育界の2人のカリスマ講師が、本当に力がつく英語本を紹介した「竹岡広信・安河内哲也のこの英語本がすごい!」という本で、オススメの英文法書の1位に選ばれています。

改訂内容やサンプルページなどは >>こちら

 

中学時代に英語につまずいたぼくが、そのまま大人になっていたとしたら、(1)~(3)の参考書では、すぐに挫折したと思います(あんまりおもしろくないんです)。(4)か(7)のどちらかで学ばれることをオススメします。

【スポンサーリンク】