ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

「中学英語がゼロからよくわかる本」と中学英語のロングセラー「トコトンていねいな英文法レッスン」を書いた ひだかたかのり のブログです

おすすめの中学英語の参考書2(中学生編)

こんばんは、ひだかたかのりです。

 

今回は、中学生でオール4未満の人やあまり読解力がない人(=文を読むのが苦手な人)向きのものです。

 

正直言って、このような成績の人の場合、参考書を使ってひとりで勉強するのは、中学生の段階ではかなり難しいと思いますが、あえてあげるなら、次のようなものになります。

 

(1) 中1英語をひとつひとつわかりやすく。(8年以上)
※学年ごとに出版されているので、まずは「中1英語」に挑戦し、読めるようなら、「中2英語」「中3英語」と読み進めましょう。

 

(2) トコトンていねいな英文法レッスン(12年以上)
※日高が書いたもので、アルファベットの書き方から高校2年生程度で習う英文法の重要ポイントまでを、イラストや図解をたくさん使って書いています。この本は、16年の12月に新版に生まれ変わりました。本当にわかりやすい本なのですが、たった1冊で説明しているため、くわしくはありません。ですので、この本の中の中学校で習うものだけをやって、その後で(1)の3冊をやるという方法もありかな?と思います。
※04年に出版したものは、英語教育界の2人のカリスマ講師が、本当に力がつく英語本を紹介した「竹岡広信・安河内哲也のこの英語本がすごい!」という本で、オススメの英文法書の1位に選ばれています。

 

なお、この本では新たに別冊で「問題集」をつけました。ぼくが作ったページでくわしい説明を見ることができますので、どうぞご利用ください。>> こちら

 

その他、出版されてからまだ短いのですが、「マンガでおさらい中学英語」(約2年)という本がベストセラーになっています。おもに中1で習う、名詞・冠詞(a, the)・動詞・時制(現在、過去、未来など)・疑問詞(what, how)・命令文・感嘆文・助動詞(can, willなど)・接続詞・前置詞・品詞と文型について説明していますが、大人の人向けかな?

【スポンサーリンク】