ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

「中学英語がゼロからよくわかる本」と中学英語のロングセラー「トコトンていねいな英文法レッスン」を書いた ひだかたかのり のブログです

中学2年生が教科書で習う英文法

こんばんは、ひだかたかのりです。 先日、アップした「中学1年生が教科書で習う英文法」に続いて「中学2年生が教科書で習う英文法」をアップしました。 「中学2年生が教科書で習う英文法」は >> こちら 中学2年生では、不定詞・動名詞・接続詞・比較のと…

be動詞の過去形(was・were)

現在形のbe動詞は、「です」という意味を表しましたが、過去形のbe動詞は、「でした」という意味を表します。 現在形のbe動詞には、am・are・isの3つのものがありましたが、過去形のbe動詞にはwasとwereの2つのものがあります。使い分けは、主語が1人や1…

過去進行形

「○○は~していました。」という内容を表す文を過去進行形の文といいます。 過去進行形の文は、現在進行形の文で使ったbe動詞のam・are・isを、was・wereにかえて作ります。すなわち、動詞の部分を「was[were] -ing」という形にすることになります。 (例)I a…

look+形容詞(英語の第2文型)

look(見る)という動詞のすぐ後ろに形容詞を書くと、「~に見える」という意味を表せます。 (例)You look happy.(あなたは幸せに見えます。)You look tired.(あなたは疲れているように見えます。) lookと同じように、すぐ後ろに形容詞を書くことがある動詞と…

未来形の文1(be going to)

未来の予定や計画を表したい場合には、be going to(「~するつもりだ」)ということばを使います。be going toは、これからおこなおうとしている動作(動詞)の前に書き、主語に合わせてbeをam・are・isのどれかに変えます。 (例)I am going to play tennis nex…

英語の第4文型

動詞の中には、「人にものを~する」という形で使われるものがあります。 たとえば、show(見せる)という動詞は、「人にものを見せる」と使われますし、give(あたえる)という動詞は、「人にものをあたえる」と使われます。この場合、英語では「show 人 もの」…

call A B(英語の第5文型1)

callという動詞が、「AをBと呼ぶ」という内容を表す文で使われることがあります。この場合、英語では「call A B」という語順になります。 (例) We called him Ken.(私たちは彼をケンと呼びました。) A B 覚えておこう! callと似たような使い方をする動…

助動詞mayとcould

「~してもよい」という内容を表す文を作りたいときには、動詞の前にmayという単語を書いて「may 動詞」とします。mayは、canと同じように主語による使い分けはしないので、主語が何であっても同じ形になります。 (例)You may sit here.(ここにすわってもよ…

不定詞の副詞的用法1(目的)

動詞の前にtoという単語を書いて、「to+動詞」としたものを不定詞といいます。toをつけた動詞は、「~するために」という意味で使われることがあります。 (例)I got up early to play tennis.(私はテニスをするために早く起きました。) 【スポンサーリンク】…

不定詞の名詞的用法

toをつけた動詞(=不定詞)は、「~すること」という意味で使われることがあります。 まず、動詞のすぐ後ろに書かれ、「動詞+不定詞」という形で「~することを」という意味で使われるものを覚えておきましょう。 (例)I like to play tennis.(私はテニスをす…

不定詞の形容詞的用法

toをつけた動詞(=不定詞)は、「~するための」や「~すべき」という意味で使われることがあります。 これらの意味で使われる不定詞は、「(代)名詞+不定詞」という形になっていて、すぐ前に書かれる名詞や代名詞につながります(=修飾という)。 (例)I have …

have to ~

「~しなければならない」という内容を表す文を作りたいときには、動詞の前にhave toということばを書いて「have to 動詞」とします。この表現で使われるhaveは動詞なので、主語が I とYou以外の1人の人のときにはhasとなります。 (例)I have to study Engl…

未来形の文2(助動詞will)

未来のことを表す文は、be going toだけでなくwill(「~するだろう」「~するつもりだ」)という単語を使っても表すことができます。willは、「will 動詞」という形で使います。 (例)I will play tennis next Sunday.(私は今度の日曜日にテニスをするつもりで…

助動詞must

「~しなければならない」という内容を表す文を作りたいときには、have toだけでなく、must(「~しなければならない」)という単語を使っても表すことができます。mustは、「must 動詞」という形で使います。※主語による使い分けはしないので、主語が何であっ…

接続詞(if・that・when・because)

接続詞のif「もし~ならば」という内容を表したいときには、ifという接続詞を使います。ifは、「if 主語 動詞 ~」という形で使います。 (例)If it is fine tomorrow, I will go to the sea.(もし明日、晴れたならば、私は海に行くつもりです。)※Ifで始まる…

whichを使った文2(which+名詞)

1年生で習ったwhichは、疑問文の前に書きましたが、「whidh+名詞」が「どの名詞が」や「どちらの名詞が」という意味を表し、主語として使われることがあります。「which+名詞」が、主語として使われる場合は、後ろには疑問文は続かず、動詞 ~が続くこと…

助動詞should

「~すべきである」という内容を表す文を作りたいときには、shouldという単語を使います。shouldは、「should 動詞」という形で使います。※主語による使い分けはしないので、主語が何であっても同じ形になります。 (例)You should study English.(あなたは英…

There is[are] ~.の文

「~に○○がある」「~に○○がいる」という内容を表す文を作りたいときには、There is ○○ ~.やThere are ○○ ~. といいます。この文の主語は○○で、○○が単数(1人や1つ)ならis、複数(2人以上や2つ以上)ならareを使います。 (例)There is a book on the desk…

動名詞1

進行形のところで学んだ、動詞にingをつけたものが、「~すること」という意味で使われることがあります。この「動詞ing」を動名詞と呼びます。 動名詞は、「~することを」という意味で動詞のすぐ後ろに書かれることがあります。 (例)He stopped eating lun…

比較級

「背が高い(=tall)」などの形容詞や「速く(=fast)」などの副詞にerをつけたものを比較級と呼びます。比較級は、「形容詞er」や「副詞er」という形で使い、2人の人や2つのものを比べて「~よりも…」という意味を表します。 (例)He is taller than you.(彼…

最上級

「背が高い(=tall)」などの形容詞や「速く(=fast)」などの副詞にestをつけたものを最上級と呼びます。最上級は、「the 形容詞est」や「the 副詞est」という形で使い、3人の人や3つ以上のものを比べて「1番…」という意味を表します。 (例)He is the tall…

つづりが長い形容詞や副詞の比較級と最上級

つづりが長い形容詞や副詞の比較級 つづりが長い「beautiful(=美しい)」などの形容詞や「slowly(=ゆっくり)」などの副詞の比較級は、形容詞や副詞の前にmoreという単語を書いて「more 形容詞」や「more 副詞」という形で比較級を表します。 (例)She is mor…

as 形容詞 as ~・as 副詞 as ~

2人の人や2つのものを比べて「同じくらい」と言いたいときには、「as 形容詞 as ~」や「as 副詞 as ~」といいます。 (例) She is as beautiful as her mother.(彼女は彼女の母と同じくらい美しい。)She speaks as slowly as her mother.(彼女は彼女の母…

助動詞shall

shallという単語は、「shall 動詞」という形で、Shall I ~?(〔私が〕~しましょうか)やShall we ~?(〔いっしょに〕~しましょうか)のように、疑問文で使われることが多いので、覚えておきましょう。 (例)Shall I open the window?(〔私が〕)窓を開けましょ…