ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

「中学英語がゼロからよくわかる本」と中学英語のロングセラー「トコトンていねいな英文法レッスン」を書いた ひだかたかのり のブログです

ディスレクシア(読字障害)の子ども

先日、海外に住まれている、ある中学3年生のお母さんから、ぼくが作っている「中学英語攻略マニュアル」が、学習障害がある子どもでも効果が あるかどうか教えてほしいという質問を受けました。 メールに「単語を覚えるのが苦手」とあったので、ひょっとし…

中学3年生が教科書で習う英文法

こんばんは、ひだかたかのりです。 先日、アップした「中学1年生が教科書で習う英文法」と「中学2年生が教科書で習う英文法」に続いて、「中学3年生が教科書で習う英文法」をアップしました。「中学3年生が教科書で習う英文法」は、>> こちら ※今ご覧い…

受け身(受動態)

「○○~されます」という内容を表す文を作りたいときには、動詞の部分を「be動詞+過去分詞」にします。このときに使われる過去分詞の多くは、過去形と同じ形になります。※過去形と異なるものが出てきたら、1つずつ覚えていきましょう。 (例)This computer i…

make A B(英語の第5文型2)

makeという動詞が、「AをBにする」という内容を表す文で使われることがあります。ここでは、Bにhappy(幸せな)・sad(悲しい)などの形容詞が書かれるパターンを覚えておきましょう。 (例)His letter made me happy.(彼の手紙は私を幸せにしました。) 覚えて…

助動詞would

「would+like」は、want(ほしい)をていねいにした言い方です。これをWould you like ~? という疑問文で使うと、「~はいかがですか。」という内容が表せます。 (例)Would you like some coffee?(コーヒーはいかがですか。) この文に対しては Yes, please.(…

現在完了形(継続用法)

「○○はずっと~しています」という内容を表す文を作りたいときには、動詞の部分を「have+過去分詞」にします。※主語が3人称単数形のときには、「has+過去分詞」になります。 (例)I have lived in Kyoto for fifteen years.(私は15年間ずっと京都に住んで…

現在完了形(経験用法)

「○○は~したことがあります」という内容を表す文を作りたいときには、動詞の部分を「have+過去分詞」にします。※主語が3人称単数形のときには、「has+過去分詞」になります。 (例)I have been to Hokkaido before.(私は以前、北海道に行ったことがありま…

現在完了形(完了用法)

「○○は~したところです」や「○○は~してしまいました」という内容を表す文を作りたいときには、動詞の部分を「have+過去分詞」にします。※主語が3人称単数形のときには、「has+過去分詞」になります。 (例)I have just done my homework.(私はちょうど宿…

不定詞の副詞的用法2(原因)

toをつけた動詞(=不定詞)は、「~して」という意味で使われることがあります。「~して」という意味で使われる不定詞は、「be動詞+形容詞+不定詞」という形になっています。 (例)I am glad to meet you.(あなたに会えてうれしい。) ※sorry(申し訳なく思っ…

疑問詞+不定詞(how to ~など)

「~すること」という意味を表す不定詞の前に、how(どうやって)などの疑問詞が書かれることがあります。「how 不定詞 ~」は、「~のしかた」や「どのように~するか」などという意味で使われ、「what 不定詞」は、「何を~すべきか」などという意味で使われ…

It to構文〔It is … (for 人) to ~.〕

「~することは…です」という文は、不定詞を使ってTo play tennis is a lot of fun.のように、「不定詞 ~ is ….」と表すことができますが、この文は、itを使って、「It is … 不定詞 ~.」と表すこともできます。 (例)It is a lot of fun to play tennis.(テ…

want 人 to の文

「人が~することを望む」や「人に~してほしい」と言いたいときには、「want 人 不定詞 ~」といいます。 (例)I want you to go there.(私はあなたにそこに行ってほしい。) 覚えておこう! 同じような形で使われるものとして、「tell 人 不定詞(人に~する…

現在分詞と過去分詞の形容詞的用法(後置修飾)

「~している人」や「~している動物」と言いたいときには、現在分詞(=動詞ing)を使って、「人 現在分詞 ~」や「動物 現在分詞 ~」といいます。 (例)The boy playing tennis is my brother. (テニスをしている少年は私の弟です。) また、「~されたもの」…

間接疑問文

whatなどの疑問詞で始まる疑問文が、動詞の後ろに書かれてもう1つの文の一部になることがあります。このとき、「疑問詞+疑問文を作る単語+主語 ~」の語順は、「疑問詞+主語+疑問文を作る単語 ~」となります。 (例)I know who he is. (私は彼がだれな…

動名詞2(前置詞の目的語)

「~すること」という意味を表す動名詞が、ofやaboutなどの前置詞の後ろに書かれることがあります。 (例)I'm afraid of swimming in the sea.(私は海で泳ぐことがこわい。) なお、不定詞にも、「~すること」という意味を表す用法がありますが、前置詞の後ろ…

so … that ~とtoo … to ~

「so … that ~」は、「とても…なので~だ」という意味で使われます。 (例)She was so tired that she went to bed early.(彼女はとても疲れていたので、早く寝ました。) また、「too … to ~」は、「~するには…すぎる」「あまりに…なので~できない」とい…

名詞を修飾する文(接触節)

人や動物やものを表す単語を、主語と動詞のある文が、後ろから修飾(説明)することがあります。 (例)This is a book I bought yesterday.(これは私が昨日買った本です。) ※I bought yesterday(「私が昨日買った」)という文が、これが「どんな」本なのかを、…

関係代名詞のwho(主格)

人を表す単語を、whoで始まる「who 動詞 ~」という文が、後ろから修飾(説明)するることがあります。 (例)Ken is a boy who likes tennis. (ケンはテニスが好きな少年です。)※人を表す単語を修飾する文で使われるwhoは、日本語には訳しません。 【スポンサ…

関係代名詞のwhichとthat(主格)

動物やものを表す単語を、whichやthatで始まる「which 動詞 ~」や「that 動詞 ~」という文が、後ろから修飾(説明)することがあります。 (例)This is a book which was written by Matayoshi. (これはマタヨシに書かれた本です。)※whichはthatにしてもO…

関係代名詞のwhichとthat(目的格)

動物やものを表す単語を、whichやthatで始まる「which 主語 動詞 ~」や「that 主語 動詞 ~」という文が、後ろから修飾(説明)することがあります。 (例)This is a book which I bought yesterday. (これは私が昨日買った本です。)※whichはthatにしてもO…

中学2年生が教科書で習う英文法

こんばんは、ひだかたかのりです。 先日、アップした「中学1年生が教科書で習う英文法」に続いて「中学2年生が教科書で習う英文法」をアップしました。 「中学2年生が教科書で習う英文法」は >> こちら 中学2年生では、不定詞・動名詞・接続詞・比較のと…

be動詞の過去形

現在形のbe動詞は、「です」という意味を表しましたが、過去形のbe動詞は、「でした」という意味を表します。 現在形のbe動詞には、am・are・isの3つのものがありましたが、過去形のbe動詞にはwasとwereの2つのものがあります。使い分けは、主語が1人や1…

過去進行形

「○○は~していました。」という内容を表す文を過去進行形の文といいます。 過去進行形の文は、現在進行形の文で使ったbe動詞のam・are・isを、was・wereにかえて作ります。すなわち、動詞の部分を「was[were] -ing」という形にすることになります。 (例)I a…

look+形容詞(第2文型)

look(見る)という動詞のすぐ後ろに形容詞を書くと、「~に見える」という意味を表せます。 (例)You look happy.(あなたは幸せに見えます。)You look tired.(あなたは疲れているように見えます。) lookと同じように、すぐ後ろに形容詞を書くことがある動詞と…

未来形の文1(be going to)

未来の予定や計画を表したい場合には、be going to(「~するつもりだ」)ということばを使います。be going toは、これからおこなおうとしている動作(動詞)の前に書き、主語に合わせてbeをam・are・isのどれかに変えます。 (例)I am going to play tennis nex…

英語の第4文型

動詞の中には、「人にものを~する」という形で使われるものがあります。 たとえば、show(見せる)という動詞は、「人にものを見せる」と使われますし、give(あたえる)という動詞は、「人にものをあたえる」と使われます。この場合、英語では「show 人 もの」…

call A B(英語の第5文型1)

callという動詞が、「AをBと呼ぶ」という内容を表す文で使われることがあります。この場合、英語では「call A B」という語順になります。 (例) We called him Ken.(私たちは彼をケンと呼びました。) A B 覚えておこう! callと似たような使い方をする動…

助動詞mayとcould

「~してもよい」という内容を表す文を作りたいときには、動詞の前にmayという単語を書いて「may 動詞」とします。mayは、canと同じように主語による使い分けはしないので、主語が何であっても同じ形になります。 (例)You may sit here.(ここにすわってもよ…

不定詞の副詞的用法1(目的)

動詞の前にtoという単語を書いて、「to+動詞」としたものを不定詞といいます。toをつけた動詞は、「~するために」という意味で使われることがあります。 (例)I got up early to play tennis.(私はテニスをするために早く起きました。) 【スポンサーリンク】…

不定詞の名詞的用法

toをつけた動詞(=不定詞)は、「~すること」という意味で使われることがあります。 まず、動詞のすぐ後ろに書かれ、「動詞+不定詞」という形で「~することを」という意味で使われるものを覚えておきましょう。 (例)I like to play tennis.(私はテニスをす…