ひだかたかのり(日高崇典)のブログ

できないのではない、出会えなかっただけです

オール3レベルの子どもにやらせてほしいこと

こんにちは、ひだかたかのりです。 中学の段階でオール3レベルの子どもが、参考書や通信教育を利用してひとりで学力アップをすることはまずできません。彼らには読解力が足りていないのです。 では、子どもに読解力をつけさせるためにはどうすればいいので…

ディスレクシア(読字障害)の子ども

先日、海外に住まれている、ある中学3年生のお母さんから、ぼくが作っている「中学英語攻略マニュアル」が、学習障害がある子どもでも効果が あるかどうか教えてほしいという質問を受けました。 メールに「単語を覚えるのが苦手」とあったので、ひょっとし…

中学3年生が教科書で習う英文法

こんばんは、ひだかたかのりです。 先日、アップした「中学1年生が教科書で習う英文法」と「中学2年生が教科書で習う英文法」に続いて、「中学3年生が教科書で習う英文法」をアップしました。「中学3年生が教科書で習う英文法」は、>> こちら ※今ご覧い…

受け身(受動態)

「○○~されます」という内容を表す文を作りたいときには、動詞の部分を「be動詞+過去分詞」にします。このときに使われる過去分詞の多くは、過去形と同じ形になります。※過去形と異なるものが出てきたら、1つずつ覚えていきましょう。 (例)This computer i…

make A B(英語の第5文型2)

makeという動詞が、「AをBにする」という内容を表す文で使われることがあります。ここでは、Bにhappy(幸せな)・sad(悲しい)などの形容詞が書かれるパターンを覚えておきましょう。 (例)His letter made me happy.(彼の手紙は私を幸せにしました。) 覚えて…

助動詞would

「would+like」は、want(ほしい)をていねいにした言い方です。これをWould you like ~? という疑問文で使うと、「~はいかがですか。」という内容が表せます。 (例)Would you like some coffee?(コーヒーはいかがですか。) この文に対しては Yes, please.(…

現在完了形(継続用法)

「○○はずっと~しています」という内容を表す文を作りたいときには、動詞の部分を「have+過去分詞」にします。※主語が3人称単数形のときには、「has+過去分詞」になります。 (例)I have lived in Kyoto for fifteen years.(私は15年間ずっと京都に住んで…

現在完了形(経験用法)

「○○は~したことがあります」という内容を表す文を作りたいときには、動詞の部分を「have+過去分詞」にします。※主語が3人称単数形のときには、「has+過去分詞」になります。 (例)I have been to Hokkaido before.(私は以前、北海道に行ったことがありま…

現在完了形(完了用法)

「○○は~したところです」や「○○は~してしまいました」という内容を表す文を作りたいときには、動詞の部分を「have+過去分詞」にします。※主語が3人称単数形のときには、「has+過去分詞」になります。 (例)I have just done my homework.(私はちょうど宿…

不定詞の副詞的用法2(原因)

toをつけた動詞(=不定詞)は、「~して」という意味で使われることがあります。「~して」という意味で使われる不定詞は、「be動詞+形容詞+不定詞」という形になっています。 (例)I am glad to meet you.(あなたに会えてうれしい。) ※sorry(申し訳なく思っ…